お知らせ

更新日:2017年05月12日

手のひらサイズでビジネスに使える超小型・ハンディプロジェクター

手のひらサイズの超小型プロジェクター 「RICOH PJ WXC1110」をご存知ですか。
16年秋に発売されたこちらの商品は、わずか450gとカバンに入れて簡単に持ち運びもできるコンパクトサイズでありながら、ビジネスで使える600lmの明るさを実現。投影距離が短いことも特長で、壁から約1mの距離で60インチの画面投影が可能です。お客様先で、オフィスのミーティングスペースで、会議室で、いつでもどこでも使えるプロジェクターです。

ricoh_pj_wxc1110

 

 

RICOH PJ WXC1110 の5つの特長

1 超小型・超軽量・高画質
サイズは112.5×105.0×40.5mm(突起部分除く)、本体重量はわずか450グラムです。小型ながらビジネスで使える600lmの明るさを実現し、RGBのLEDモジュールを採用することにより鮮やかな画像を再現します。
気軽に持ち運べるので、プロジェクトチームでさっと集まる打合せコーナーでの打合せ、外出先でのプレゼンなど、さまざまなシーンでご利用いただけます。

2 省スペース利用
短焦点レンズにより、投影面から約1mの距離で60インチの画面を投影できます。
オフィスのミーティングスペースなど、スクリーンや壁からの距離が近い、限られたスペースでの使用に最適です。

3 多彩なインターフェース
映像入力はHDMI®(MHL 2.0対応)、アナログRGBのほか、USB/microSD™カードスロットも装備しています。
スマートフォン、タブレットからの投影はもちろん、USBメモリやmicroSD™カードからの映像投影などにも対応しています。

4 メンテナンスフリー
LED光源により、ランプ交換が不要で20,000時間の投影が可能です。ランニングコストを削減し、水銀ゼロで環境にやさしいメンテナンスフリー設計です。また、電源オンですぐ投影でき、電源オフ後も冷却時間が不要で、無駄な待ち時間がありません。

5 自由な設置性
「360度チルトフリー」により、上下左右360度どの角度でも投影が可能です。天井から真下の床への投影など、天井、床、壁への投影にも対応します。またプロジェクターを縦に設置することで、縦長映像を投影することもできます。
ショールームや店頭ディスプレイでのサイネージとして、オフィス以外のさまざまなシーンでもご利用いただけます。

ricoh_pj_wxc1110-2商品詳細/お問い合わせ・お見積りは当社営業までお気軽に声を掛けてください。

 

一覧を見る

ページのTOPへ